あああああああああああぁぁぁぁぁぁぁx・・・・・畜生!!!!!!
やっちまったYO。さっきまで書いてたアニメのレビュー記事とばしちまったよYO。
鬱だ。←や↑のように凹むのも良いですが、こういうときは忘れるに限ります。
(秘儀、自分批判)
と、いうわけでですね、例のプロジェクトについてお話したいと思います。

例のプロジェクト(れいのぷろじぇくと):私が以前『マンガ カクヨ ワタシ』といきり立っていた時に宣言しちゃったので仕方なく発足した計画。終点どころか出発の兆しすら見せていない。国の事業と違って税金食わないんだからいいじゃなイカ。具体的にはワタシのやる気がうせてしまい、テスト前の奇跡(漢江の奇跡的な)以来練習こそすれど、身が入らず練習になってないのが原因。

                             マイペディアより
まてよう。言い訳させろぃ。
なんで練習になんないかって、そりゃあテスト期間だものしょうがないじゃなイカ。
テスト期間終了後は・・・・・・ほ、ほら、再試験があったし。その後は・・・・・じ、実家にかえって現在に至り・・・・・・・
ごめんなさい。サボってました。
そういえばここんとこ毎日更新してるし・・・・・・ワタシったら、暇な子(ハート(爆
 サボってたと言っても、ただ単にゴロゴロしてた訳じゃありません。
ネット三昧絵の練習もしてましたよ。楽ちゃんのデザインだって考えましたとも。細かい設定も細部に至るまで抜かりないです。でも・・・・・・・最後の作業、本番だけがやる気しないのぉぉぉぉ~
あれですか?スランプですか?はやすぎんだろよ、どう考えても。まだ俺はイロハのイの字も分かってねーのによ!!ABCで言うAのやや手前だよ!!!(親しい会話ぐらい?)



まぁ・・・あれだ。早いとこ好感度上がるようにがんばるわ。

続きを読む

スポンサーサイト

グルメリポート(違

突撃ぃ、
    いきなり、
          グルメ・リポート
お腹が空いたよ編


はい、始まりました。恒例の突撃グルメリポート第1回!!略して『とグポ』!!!!
今回のテーマは『即席で出来るもの』。
皆さんは憶えてていますか?あのクラッカーを。そう、それです。
ヴェトコンクラッカー(ヴェトナム製なだけで、消費してるのはむしろヤンキーの方・・・・・
今日のメイン食材はこれさ。さぁ、残りの食材を紹介するぜ。


メイン食材
・クラッカー
調味料
・ソース(カップ焼きそばのやつ。約一年前の)
                                      おわり
え、少ないって?ちっ、ちっ、ち。今に凄い事になるぜ。

クッキング、スタート!!

PhaseⅠ.クラッカーにソースをかけます。ダイナミックにするのがポイント。
090215_2334~0001
え、終わっちまったって?まだだ、まだ終わらんよ。
PhaseⅡ.ソースが余りそうなので砕く。
090215_2337~0001
PhaseⅢ.しょっぱいのでクラッカーを追加。増援を頼む!
090215_2341~0001
PhaseⅣ.ゆっくり混ぜてね。
090215_2343~0001
ここで写真は終わりです。
いくらクラッカー足してもしょっぱさが取れないのでクラッカーでサンドしてみたり、水を加えてみたり、色々がんばった甲斐もあって、なかなかおいしかったですよ。

しばらく部屋がスパイス臭かったですけど・・・・



存在忘れてた(ブログの)

どうも、お久しぶりです。
数学の再試が終了しました。
今はENDではなくFinishであることを祈るばかりです。

死にそうなぐらい不安なので、気紛れにもっとヘビーな話をしますね。


期末テスト前の話です。私はARIA(アリア。著:天野こずえ)という漫画を読破しました。ゆっくりしたペースで読み進んでいたので、私がAQUA(ARIAの前身)を手に取ってから半年が経過していました。既読の方は分かるかと思いますが、感動的な最終話でしたね。思わず涙ぐんでしまいました。
普通ならそこで終わりのはずです。いい話だったね、で。
だがしかし
何故か私の感動は収まりませんでした。それどころか感動はいつの間にか悲しみに変わり、私の心を掻き乱します。

どうして、なんでこんなに苦しいんだよ?

確かに私は、物語とかの感動的なシーンなんかには弱いです。でも、今まではこんなこと無かった。多少心が辛くなることはあっても、それは娯楽を失った程度の寂しさでしかなく・・・・
そこまで考えた所で、私の頭にある考えが浮かんできました。

そうだ。作品に登場するキャラクター一人一人がもはや現実の日常の人物同様のランクにまで認識が上がっているとしたら?NON.以前読んでいた吸血鬼戦争(ヴァンパイヤウォーズ。著:笠井潔)でも同様のことが言えましたが、こんなに強い悲しみには発展しなかったし、こんなに長引きませんでした。
そうこうしているうちに一週間が経過しました。ですが心の悲しみは癒えません。いつしか私の心には、大きな穴が開いていました。

限界だ。このままではおかしくなってしまう。

授業中、ふと暇になるとARIAのことを思い出し、夜目を閉じれば見る夢はARIA。
寝ても覚めても悪夢です。
具体的にどんな夢かというと、灯里ちゃんが出てきて・・・・・・・・あかりちゃんが・・・・・・・あかり・・・・・・・・・・・・!!!!!
そうだ。そうだよ。俺は最初から知ってたんだ。なんでこんなに苦しいのか。
何で今まで気づけなかった?違う。気がついてしまうのが怖かったんだ。


最初からお話します。全てを。

僕には昔、思いを寄せている女の子がいました。話は簡単です。僕はその子と灯里ちゃんを知らない内に重ねていたのです。僕がARIA(AQUA)を手に取ったきっかけはそれです。僕はその事実をいつの間にか頭の奥底にしまいこんでいました。僕なりに罪悪感や嫌悪感を感じていたのでしょう。


冒頭にも言いましたが、私がこのことで悩んでいたのは一月近く前のことです。
正直言って、このことに関しては書こうか否か、相当迷いました。
でも、書くことで踏ん切りがつくなら、と思い今に至る次第です。

予想に反して後味が悪いですが。







まあ、数学のことが一時忘れられただけ良しとしましょう。
楽ちゃん、もとい絵描くのめんどくせー。さようなら。

テストが終わりました・・・

テストが終了いたしました。
これで今までどうりですね。と、言いたいところですが、そうは問屋が卸さない
数学で落第点取っちゃった。

この落第点ちゃん、実はすごい力を秘めているんです。なんと、私を留年させることができるんです。
(ああなんかもうこの話題やだな。心苦しい)
彼女が魔法の杖を一振りすれば僕は来年も一年生。ぴっかぴっかの、いちねんせい。
(涙出てきた)
まあ、再試験という滑り止めが無いことはないんですが、うかる気がしねえ

運良く合格したあかつきには落第点ちゃん(楽ちゃんと呼ぼう)を描いてきますよ。




楽ちゃんのイメージ考えてて赤点とか言うな。

プロフィール

複素数

Author:複素数
名前:複素数
新都社で『伯方さんと僕』という漫画を連載しています。http://neetsha.jp/inside/comic.php?id=12094
pixiv: http://www.pixiv.net/member.php?id=797664

FC2カウンター

フリーエリア

バナーリンク

Firefox ブラウザ無料ダウンロード

QRコード

QRコード