The any I love

読んでる(見てる)お話が終わっちゃうと悲しいですよね。
特に長い期間をかけてみたものはそれが顕著だと思うんです。

僕は漫画が好きですが、それ以外も娯楽性のあるものなら何でも好きです。
ゲームだってします。

toHeart2の存在を知ったのは、私が中二の頃でした。友人がPS2でやってるというのを聞いて(予てから興味がありまして)ネットで調べたのが始まりです。その時はまだ自宅にあるのが家族共用のPCだった関係でソフトの購入はあきらめざるを得ませんでした。あの時見たゲームのオープニングを今でも覚えています。花梨会長との出会いはそのときです。
karin_blog_s.png


その後時間は経ち、私は部活やら受験なんかで忙しくなりました。塾にも通い始め、浮かれている暇はなくなりました。志望校に合格した後も、忙しい日常で余計なことを考えてる暇はありませんでした。

そしてつい最近。学校にも馴れ、余裕が出てきた今日この頃。
友達の一人から問いかけが、私に“あのゲーム”のことを思い出させました。
「お前、何かゲーム要る?」

5年という時間は、ひとつのものを待ち続けるには長すぎます。
いつしか私の心の中では、彼女を待つことが当然な事にになっていました。そんな状況で彼女に再会できるなんて、本当に幸せなことでしょう。事実、彼女と過ごした数日間は本当に楽しくて、嬉しかった。

しかし、出会いがある以上別れを避けて通ることは出来ません。
主人公「タカアキ」とのその後はぼかされた終わり方ですが、関係ありません。私と彼女の接点はここで終わりなんだから。もう彼女には会えない。

心に穴が開いたような気がします。
今までそこにあったものが、ぽっかりと抜け落ちてしまったようです。
もし例えるなら“失恋”という言葉が近い気がします。
もうこうなると何も手につきません。
落ち込んだり、泣いたりして、ただ時間が過ぎるのを待つだけです。
さよなら会長。さよなら俺の思い出。


そういえば、前にもこんなことがあったような。
ARIAを読み終わったときですね。
あの時も今と似たような状況でした。ARIAという作品を読みたいなっと思っても手が届かない期間が長かったんです。そのお陰で、最終巻を読み終わったときは大変でした。


私はこの先もこんな風に、作品に出会っては分かれてを繰り返していくんでしょうか。

多分そうでしょうね。



またひとつ歳をとった気がします。
スポンサーサイト

The Last Emperor

春休みに映画を見たんです。
タイトルは『The Last Emperor』。
清朝最後の皇帝、愛新博羅溥儀の生涯を描いた映画です。

制作は1987年(私の生まれる五年も前)で、アカデミー賞を取ったとか、白髪じゃない坂本龍一が出てるとか、色々有名な映画だそうです。
ラストエンペラー2
色々いじってたら酷い事になった。

感想:
 この映画は本当に凄いです。
何が凄いって、シネマ堂本舗の受け売りになっちゃうんですけど、映像が凄いです。
ベルナ・・・ベルナド・・・このイタリア人監督の色彩感には感動です。最近の映画ではめっきり見られなくなった鮮やかで印象的な色使い。特に満州建国パーティーで、溥儀の妻がアヘンを吸うシーンが印象的でした。華やかな舞踏会が開かれている大使館(?)の別室で二人、アヘンを吸いながら・・・。確か外は雨で、部屋は外からの光で部屋は真っ青に染まってる。背徳感と、違和感がよく表現されてました。ちょうどこの辺から奥さんがおかしな事になってくんですね。
 他にも、溥儀が紫禁城を終われるシーンが印象的でしたね。こちらは色彩美というより、音楽に惹かれたんだと思います。音楽制作は坂本龍一が手がけているんですが、彼特有の悲しげなメロディが溥儀の波乱万丈な一生によく合うんですね。さすが教授。

と、大満足な内容なんですが、ちょっと問題があります。
長いんですね。夕方に見始めて終わったのは10時過ぎでした。インターミッション(小休止)がある映画なんて見たのはベン・ハー以来ですよ。
 でもまあ、一人の人間の一生の、膨大な数のエピソードを語るなら、これぐらいは必要なのかもしれません。ましてや最後の皇帝ともあればそうでしょう。腰と首は痛くなりましたが、途中で飽きることも無く、楽しく観ることが出来ました。そういう意味でもこの監督はすごいと思います。アカデミー賞は伊達じゃない。

見たこと無い人は、ぜひ見るべきでしょう。
予告編

『紫禁城の黄昏』って読んでみたいですよね。

東鳩2_花梨編クリア


 突然で申し訳ないんだけど、

toHeart2XRATED花梨ルートクリアしました。
いきなり花梨ってのもどうかと思うけど(みんなそう言う)、最初にこのゲームを知ったときから決めてたことだからね。ご愛嬌です。

感想:いや、よかった。
なんというか、(いい意味で)想像していた通りでした。花梨の電波で強引な性格とか、その他のところとかひっくるめてカンドーしました。一見すると、他人からは理解しがたい行動ばかりとっているが、一皮剥けば案外他人と変わらない彼女。その突飛さから来る衝突や不均衡にも、一般人と変わりなく傷つき、悲しい思いをする。そのギャップ。
 私には他人事には思えません。
 こういったゲームを(ゲームに限らず現代視覚文化といえるもの全て)やるとき私は、一歩引いた目線でプレイしてしまいがちですが、今回はうまく自分を投影できたと思います。そういう意味でもよく出来たゲームだと思いますよ。名作といわれるだけはある。
 ギャルゲーでこんな感慨深い気持ちになれるとは、いやはや。なめてかかってたけど、案外馬鹿に出来ませんね。
 なんだか人間社会の縮図を見た気がします。

この春から更新頻度が上がります。

この春から更新頻度が変わります。
パソコンを買った(ことはもう言った?)し、学生寮のネットワーク使用許可申請の認可が降りたのです。

私のデスク
100420_2235_0001.jpg
暗いですね。光の関係ではなく本当に薄暗いんですよ。

後は、後々。

SoT,ToS

何ヶ月振りかの更新です。(ネットしなさすぎでヤフーのメールサービス停止されてたし)でも書くことがありません。

ああ、そうそう。ブログに掲載予定で今簡単な小説を書いているんですよ。
前々回に挙げたやつの改良版です。前回がβ版なら今回のはβ2です。
全部完成してから一章づつ挙げていく予定ですので、まだまだ先の話になりそうですが。

そういえば、僕の中学の頃の友達がブログを始めたんですよ。
この春に始めたはずなのに件数で僕に並ぼうとしている。
マメな奴だとは思ってたけど、すごいよね。

じゃあね。

プロフィール

複素数

Author:複素数
名前:複素数
新都社で『伯方さんと僕』という漫画を連載しています。http://neetsha.jp/inside/comic.php?id=12094
pixiv: http://www.pixiv.net/member.php?id=797664

FC2カウンター

フリーエリア

バナーリンク

Firefox ブラウザ無料ダウンロード

QRコード

QRコード