デューン/砂漠の惑星


複素数ですこんにちはお久しぶりです。映画を見たので感想文を書きます。

見た映画は「デューン/砂の惑星」というアメリカのSF映画です。


6a74e54b.jpg
(面白そうでしょ?)
「デューン/砂漠の惑星」Amazonビデオ


 これググればすぐ出てくるっていうかWikipediaにすら公然と書かれているんですが、この映画評判が良くないそうです。実際通しで見た身としても実感として思う部分がありました。安いという理由で買って見ようと思った人はその辺を留意した上で決済してください。もちろん良い部分が無いという意味ではありませんが……
 結構長い映画で、後半は集中力が切れてしまったので感想のための要項をまとめたりしていましたので、それにそって記述します。


1.SF娯楽映画としてはハード過ぎる設定
 原作が戦後SFブームの落ち着いた頃に出た本格SF長編小説なのでこれは仕方ない部分もありますが、設定が結構重いです。遠い未来遥か彼方の銀河が舞台であり、その地域を統括する銀河帝国と皇帝、その皇帝をアゴで使うギルド同盟、スパイスと称する鉱物だか何だか分からない薬物を摂取することで遠く離れた星にトリップ(物理)する謎の空間航法、神通力に超能力など、ただの宇宙時代の未来ではない世界観です(この辺もスターウォーズ的なもの、としておくとしっくり来るんですが、原作はスターウォーズ公開より十数年古いです一応)。いけないのは、これらの設定を冒頭に説明(本当に説明ナレーションが入る)するんですがその仕方が投げやりなので正直「?」ってなります。僕なりました。救いは設定が全く頭に入らなくても物語の理解の妨げにならないことです。


2.描写が小説っぽい
 真似事ながらも創作を試みる一人の素人としては映画には映画の、小説には小説の記述形式があって、それぞれに適した話筋の進め方があると信じています。よく言われる「映像化不可能と言われた」なんてアオリは特撮やVFX技術ではどうしても表現できなかったシーンをCGを使って完全再現したんで褒めてよ!って意味として解釈されていますが、実際は映像化不可能のうち半分は小説と映画の「メディアとしての階層の違い」が極端すぎて忠実に映像に起こすことが難しい/出来ないという意味だと考えます。例えば小説で「人間の想像力が完全に及ばない異形の現象が目の前に出現した」と書けば読者は「そうなんだ~、何かすごいもやもやしたものなんだね」と、想像はできなくとも意味として理解できますが、これを言葉を用いないで情景説明する映像作品にする場合、製作者はおおいに悩むところです。人間の想像力が完全に及ばない異形という字義どおりにとれば人間である制作スタッフには絶対に映像化できない訳ですが、何も映さない訳にはいかない。そこで仕方なく、逃げかあるいは創意工夫として昔の抽象画や一般に知られていない自然現象のビジュアルなどから意匠を拝借して、とりあえず画面に映るものに仕上げるのです。あるいは別の例で言えば、主人公ほか登場人物が一言も発しないし、内面でもほとんど言葉を出さないが外的な現象や思考に呼応して感情が右往左往して、それだけで重要な見せ場になるシーンがあるとします。これも小説からカメラに映る情報だけ拾ったんでは、一言も発しない登場人物が動かないでいるだけになってしまいます。それでは視聴者に何も伝わらないので、カメラワークや照明や音楽を駆使して、カメラに映らない人物内面を描く努力をはらうわけです。ところが映像表現の力及ばず、カメラワークも照明も音楽を使っても何にも伝わらない時があります。そういう時は映画スタッフは仕方なく、話の筋に手を加えるのです。近頃は小説や漫画を映画にするのが流行っていますが、ファンが見るのはいかに原作と同じかだけで、こういったメディアの橋渡しの努力は改悪とされてしまいがちですが、こういった処置こそがメディアの次元を超えるための工夫であり方策だと私は考えます。。もちろん次元を超えるにあたってノイズが乗ったり変換に粗さが無いわけではないのですが、メディアの次元を超越するのがいかに難しく、次元を超える時に物語が失うもの/新しく獲得しなければならないものがいかに大きいか何となく伝わったかと思います。
 その上で本作ですが、劇中ちょっと違和感をおぼえるぐらい小説そのままっぽい部分があります。本作映画化の難産っぷりを考えれば制作陣が何かを怠ったとは思えませんが、84年の映画とは思えないほど映像のテンポが古臭い、あるいは実験的です。古臭いというのは何かちょっと映像の色合いが古ぼけているせいかもしれませんが、主人公の心の声を頻繁に引用させたり、下の項目で挙げる淡々とした語りは映像としての緩慢さを感じさせます。


3.ドラマはあってないようなもの
 本作は壮大な宇宙叙事詩のような語り口で進行します。劇中内の経過時間は1年ぐらいだし個々の人物目線で物語が進むんですが、これといって誰かに注視するでもなく、淡々と出来事が進むのでそう見えるのです。誰かに感情移入させるという意図も感じられません。この辺は制作を仕切っていたイタリア人プロデューサーの「ヨーロッパ的映画感覚」が出てしまったのかなぁと思ったりしています。良くも悪くも(良くはないか…)聖書や中世の英雄譚のような遠い世界からの視点で語ってしまい、主人公に威厳や壮大さを与える代償に娯楽性をゴッソリ持って行かれているという意味です。念押ししますが本作はアメリカ映画です。


4.舞台美術・特撮が最高に良い
 散々悪いところを書いたのでいい話もしましょう。この作品は物語や構成に目をつむって、映像として見ると最高の映画です。最初から最期までほぼ全部セット撮影ですが、どのセット背景も引くぐらい作りが丁寧かつ豪華で、安っぽさも偽物っぽさも感じられません。デザインも丁寧であり、星ごとに明確に建築物や調度品の意匠が使い分けられ、小物に至るまでいちいち作ってるのは感動に値します。若干年代が違いますが背景美術や代償の道具制作でいえばスターウォーズ(456)より優れています。特に良いのが途中で出て来る汗を吸ってくれる全身タイツ。古い救命胴衣みたいに空気の入った帯状のバルーンが表面に張り巡らされ、照りのない黒一色に塗られたそれはバットマンのスーツを連想しますが、筋肉のラインをそのまま強調するバットマンタイツと違って筋肉の凹凸を模式化し機械的で機能的なそのデザインはアメコミヒーローのダサタイツとは比較になりません。2010年代の映画にそのまま出てきそうなデザインで、かっこよすぎて若干浮いてる感があるほどです。デューンの原住民はほぼ全員これ着ていますから、少なくとも50着ぐらいは作ったんだと思いますが、これ来た男たちが一堂に会するシーンはすごい威圧感があるのでそのためだけに見てもいいかもしれないです。
 さらに劇中で頻繁に挟まれるジオラマを使った特撮も、なんじゃこれはというぐらい程度が高い。ミニチュア撮影といえば日本、みたいに言われますが本作のミニチュア撮影(とくに人物合成)は邦画のそれより気合入ってますし、円谷プロ作品より良いかもしれないぐらい良いです。ですからストーリー追わずにガジェットSFとして見ると本作はすげー良い映画です。すごい失礼な事言いましたが、実際見れば感動することでしょう。
 

5.以外なキャスト
 敵味方でそれぞれパトリック・スチュワート(新スタートレックのピカード役など)とブラッド・ドゥーリフ(エイリアン4の医師役など)が出てきます。パトリック・スチュワートはこの時まだ44歳ですが、既に後年と同じく頭頂部が禿げてあの顔が出来上がっています。驚きました。

以上がこの映画の直接の感想で、特に上の3つが世間での映画の低評価の理由の推測です。蛇足ですがもう一つ、気になったので追記させてもらいます

6.公開年
 この映画が公開された1984年は映画の当たり年でもありました。日本ではアニメは「うる星やつら ビューティフル・ドリーマー」「風の谷のナウシカ」「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」などの今でも名前の上がる名作が出ましたし、平成シリーズに連なるゴジラの新シリーズ第一作(いわゆる84年版)もこの年です。まぁ邦画は実際関係ないですが、洋画もすごいメンツが出揃っており「ダーティハリー4」「ライトスタッフ」「インディー・ジョーンズ/魔宮の伝説」「グレムリン」「ゴーストバスターズ」など粒ぞろいです。さらに決定的なのが「スタートレックⅢ ミスター・スポックを探せ」でしょう。同じSFというだけでなく、この劇場版スタートレック第三作目は6作品あるシリーズの中で1,2を争うほど評価が高い作品であり、前作「カーンの逆襲」の直接の続編であることもあって大ヒットだったのです。映像の出来だけで見ればデューンもスタートレックⅢに負けないかもしれませんが、話の面白さや構成の巧みさは月とスッポンです。こんな映画に囲まれていたのでは劇場を埋め尽くすなんて夢も夢です。悪い映画ではないのに、この辺の運の悪さも評価と認知度の低さにつながっているのかもしれません。


以上、勧めてるのか貶してるのかわからない感想文でしたが記録としてここに残します。
スポンサーサイト

ご報告

昨日サクッと筋トレしたら見事、筋肉痛になりました\(^o^)/

いやーーでもある意味筋肉痛になりたくて筋トレやってるみたいなところもある訳で、目論見通り?みたいなー
筋トレサイコーです。

プロフィール

複素数

Author:複素数
名前:複素数
新都社で『伯方さんと僕』という漫画を連載しています。http://neetsha.jp/inside/comic.php?id=12094
pixiv: http://www.pixiv.net/member.php?id=797664

FC2カウンター

フリーエリア

バナーリンク

Firefox ブラウザ無料ダウンロード

QRコード

QRコード