小説関連の懺悔

私、気付いてしまいました。

ちょっとした気持ちで始めた短編小説。
全然短編じゃねー!!!

考えれば考えるほどストーリーが細かいものになっていく。大筋は完成してるのに、その途中途中で壮大なより道をしてしまう。終いにはあらぬ方向に向かい始め、修正に次ぐ修正。そんなことをしているうちに、現在txt形式で43キロバイトという結構な文章量に。そのくせ予定の半分も消化できていない。完成する日は来るのか。書いてる本人は中々楽しんでいるので、問題ありませんが、短編と銘打っている以上「グインサーガ」※のようになってしまうのは避けたい。

※物語が完成する前に作者が亡くなってしまいました。

さてさて、まぁ、頑張ればいいんですよね。
私の頭(ねずみが回し車を回しているような物ですが)の計画では、小説が完成し次第それをもとに漫画を描こうかと思っているのです。壮大すぎていつになるやら分かりませんがね。私はやります。せっかく作っても見てくれる人がいないと意味無いので、それまでにこのブログを少しでも有名にしないといけません。そのためには"絵”を載せるといいと友人が言っていました。

なるほど。全ては繋がっているというわけか。

まぁ、気長に頑張りますヨ。

細かいことは後から考えればいいでしょう。



そう思うと夏休みが少し楽しみになってきました。
今から中編に修正しても遅い?
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール

複素数

Author:複素数
名前:複素数
新都社で『伯方さんと僕』という漫画を連載しています。http://neetsha.jp/inside/comic.php?id=12094
pixiv: http://www.pixiv.net/member.php?id=797664

FC2カウンター

フリーエリア

バナーリンク

Firefox ブラウザ無料ダウンロード

QRコード

QRコード