暑中見舞い

 暑中見舞いお申し上げます。

 未だ梅雨も空けていませんが関東も既に猛暑が続き、全国的にうだっていますね。冬場はあれほど愛おしいと思った夏の暑さが、いざ対面してみるとやっていられないほどつらく、冬の刺すような寒さを偲ぶなんてことを毎年やっている記者ですが、暑い寒いで一喜一憂しないような強い体でありたいものです。しかして無理は禁物、体感では平気でも、なんて調子よく言いつつ何人も人を殺しているのもこの夏なのです。これを読む人がどの程度居るか正直なところ想像が及びませんが、節電熱も覚めた今年は一つ体をいたわる行動に出てみるのもいいかもしれませんね。

 夏を恐れそして楽しむために必要な物は何か、そう考えた時に一つの答えとして上がるのは風流というものでありましょうや。正直風流ってよくわかりませんが、夏っぽいものを一筆したためさせて頂きました。
ラフ23-1

イラストもいいけど本編の続きを描いてね、なんて見えない読者の声が聞こえてきそうですから本日はこれにて。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

複素数

Author:複素数
名前:複素数
新都社で『伯方さんと僕』という漫画を連載しています。http://neetsha.jp/inside/comic.php?id=12094
pixiv: http://www.pixiv.net/member.php?id=797664

FC2カウンター

フリーエリア

バナーリンク

Firefox ブラウザ無料ダウンロード

QRコード

QRコード