スタートレック イントゥザ・ダークネス 感想

スタートレック イントゥザ・ダークネス見てきました。

(ネタバレあり)

・面白かった(20代 男性)
・特に映像技術はすばらしいものがある(茨城県 技術職)
・上映時間が長かった(21歳 会社員)


 上映時間長かったっすほんとに。測ってないけど2時間近かったんじゃないかな。
どっかで聞いた話として『映画っていうのは一日の上映回数が収益に反映するものだから、映画一本の時間ってのはある程度の範囲が決まっていてその中で長い短いを決める』ってのがありました。にしちゃあ長いよなと。
 別に長かろうが短かろうが良いのですが(僕は長い映画のほうがお得感があって好きです)、この映画に関して言えば別の理由から長さが気になったのです。
 というのは、内容の密度です。もう見た人は思い出して欲しいのですが、この映画の場面数は上映時間に反して少ない。思い出してみると、主人公たちがやってたのは行って戦って帰ってきただけという。確かに場面場面での細かな会話やアクションは秀逸でしたし、それ自体はテンポの悪いものには感じませんでした。でもこうして思い返してみると、内容(=脚本)に関して思うことが何も無い。映像も演出も効果も最高なのに、脚本がシンプルすぎて、その簡素さが妙な物足りなさを感じさせているのだと思いました。
 聞くに、原作持ちの宿命としてこの脚本もかなりの難産だったとかそうでもないとか、とにかく発表が1年遅延する程度には色々あったはず。なのに、こんな簡素なものでいいのか!そう考えてしまう訳です。
 前半いっぱい存在を隠され、後半で正体が割れて観客に衝撃を与えるはずのカーンや、旧シリーズでのカーンを知る人物として今作にも出演するレナード・ニモイを意味ありげに描写しておきながら、結局は主人公たちは自力でカーンに対処してしまう(ニモイは重要なトリックのヒントを与えた訳だが、そのトリックはニモイの口から語られる必要があったのか?)。カーンという旧作でも目立った個性を残しているキャラクターが登場していながら、全く新しい映画になっている。これは監督が既に公言済みなのでツッコミはやや苦しいのですが、それでも言いたい。同作品は単体として見た時真の意味で完成するものであって、旧作との結びつけが困難な点が違和感なのだと。これがどういう経緯の上でのことなのかは全然わかりませんが、かつての何かを期待して見た僕としては、新しいスタートレックの凄まじいパワーに感動しつつも、どこか物足りなさを隠せないのでした。

アンドリュー

テスト中日、二単位科目さようなら~


さてさて、暗くて臭い現実から目を背けて、映画でも見ようではありませんか!


今日私が見たのはコレ!
51N02MD9F7L.jpg
(クリックで拡大・ぼけてるのは仕様です)


『アンドリューNDR114』


 『我はロボット』や『ロボット三原則』の概念で有名なアイザック・アシモフの小説を原作に2000年に製作された作品です。公開当時を覚えてる人は判ると思いますが、あらすじを一応

(映画内の時間で)2005年、アメリカのある家族に一台のロボットが届いた。ロボット三原則を遵守し、家族のために働くそれは“アンドリュー”という名前をもらい、家族と時間を共にし始める。あるときアンドリューは、次女の大事にしていたガラスの馬を割ってしまう。次女に嫌われてしまったアンドリューは流木を削って馬の像を彫ってプレゼントする。その像を見た父は、アンドリューが何のモデルも無しに像を作り上げたことに、彼に特別な才能があることを確信し、創作の時間と知識を与える。月日が経ち、多くの知識を得た彼は、道具としてではなく、アンドリューとして“自由”を求めるようになる・・・



続きが知りたい人は映画を見てね!


感想:
いやぁ、実の無い話で申し訳ないけど、この映画はすごいよ!

2011年現在で言ったら、ロボットと人間のネタとしてはありきたりですが、実際はコレが元祖なんですよね。アイザック、只のSF作家ではないな。



以下、ネタバレ含む感想(見ないほうがいいです。本編を見て!)

続きを読む

The Last Emperor

春休みに映画を見たんです。
タイトルは『The Last Emperor』。
清朝最後の皇帝、愛新博羅溥儀の生涯を描いた映画です。

制作は1987年(私の生まれる五年も前)で、アカデミー賞を取ったとか、白髪じゃない坂本龍一が出てるとか、色々有名な映画だそうです。
ラストエンペラー2
色々いじってたら酷い事になった。

感想:
 この映画は本当に凄いです。
何が凄いって、シネマ堂本舗の受け売りになっちゃうんですけど、映像が凄いです。
ベルナ・・・ベルナド・・・このイタリア人監督の色彩感には感動です。最近の映画ではめっきり見られなくなった鮮やかで印象的な色使い。特に満州建国パーティーで、溥儀の妻がアヘンを吸うシーンが印象的でした。華やかな舞踏会が開かれている大使館(?)の別室で二人、アヘンを吸いながら・・・。確か外は雨で、部屋は外からの光で部屋は真っ青に染まってる。背徳感と、違和感がよく表現されてました。ちょうどこの辺から奥さんがおかしな事になってくんですね。
 他にも、溥儀が紫禁城を終われるシーンが印象的でしたね。こちらは色彩美というより、音楽に惹かれたんだと思います。音楽制作は坂本龍一が手がけているんですが、彼特有の悲しげなメロディが溥儀の波乱万丈な一生によく合うんですね。さすが教授。

と、大満足な内容なんですが、ちょっと問題があります。
長いんですね。夕方に見始めて終わったのは10時過ぎでした。インターミッション(小休止)がある映画なんて見たのはベン・ハー以来ですよ。
 でもまあ、一人の人間の一生の、膨大な数のエピソードを語るなら、これぐらいは必要なのかもしれません。ましてや最後の皇帝ともあればそうでしょう。腰と首は痛くなりましたが、途中で飽きることも無く、楽しく観ることが出来ました。そういう意味でもこの監督はすごいと思います。アカデミー賞は伊達じゃない。

見たこと無い人は、ぜひ見るべきでしょう。
予告編

『紫禁城の黄昏』って読んでみたいですよね。

プロフィール

複素数

Author:複素数
名前:複素数
新都社で『伯方さんと僕』という漫画を連載しています。http://neetsha.jp/inside/comic.php?id=12094
pixiv: http://www.pixiv.net/member.php?id=797664

FC2カウンター

フリーエリア

バナーリンク

Firefox ブラウザ無料ダウンロード

QRコード

QRコード